診療一覧
にきび シミ シワ・タルミ 美肌・アンチエイジング ダイエット・部分痩せ 小顔 育毛 脱毛 ピアス穴あけ
ニキビ
“美容皮膚科診療 初診予約” official blog 未成年者親権者同意書
お問い合わせ

シミ相談

紫外線のダメージから肌を守るために働くのがメラニン色素です。このメラニン色素が沈着すると、シミになります。メラニン色素は役目が終わると肌の新陳代謝とともにはがれおちていきます。この新陳代謝をターンオーバーと呼びますが、年齢を重ねるごとに新陳代謝は鈍くなります。その結果、メラニン色素が肌の表面に長期的に滞留し、沈着し、シミとなります。
シミには以下のように、いくつか種類がございます。

肝斑(かんぱん)

ほほや鼻の下、額に左右対称にできる、少しぼやけたようなシミのことです。
30~40才代の女性に最もみられるしみで、ホルモンバランスの乱れが関係しているといわれています。更年期や婦人科の病気にかかった時も、出来やすいようです。

老人性色素斑(日光黒子)

長期間紫外線を浴び続ける事によって生じるシミのことです。
若い頃から日焼けした人ほど発生することが多く、早い人では10代からしみが現れてきます。しみの境界が、はっきりしていて、色合いも均一で濃いのが一般的です。

雀卵斑(そばかす)

通称「そばかす」と言われるもので、鼻を中心に分布している小さなしみのことです。遺伝的な要因が大きく、両親のどちらかに雀卵斑(そばかす)がある人は10才頃から出来てくる事が多いようです。

炎症性色素沈着

年令を問わず、ニキビ、化粧のかぶれ、やけど、虫刺されなど皮膚に炎症を起こした後にできるしみのことです。 炎症が強いほど、また炎症の期間が長いほど色素沈着の程度がひどくなります。
※シミの治療で一番重要なことは、皮膚科医によるシミの正しい診断です。
肝斑に間違ってレーザー治療を行うと、かえってシミが悪化してしまいます。
正しい皮膚科選びが大切です。
また、いずれのシミにおいても有効な治療が、「ケミカルピーリング」です!当院のピーリング治療は、院長が7年間試行錯誤した上でたどり着いた、自信のメニューでございます。是非一度、ご相談ください。

ドクターズピーリング+海藻パック

*伊藤志保院長が施術します。
アトピー性皮膚炎やお肌の弱い方でも安心して受けられるピーリングです。
(所要時間)30~40分
(治療回数の目安)月に1回、5~6回の治療をお勧めします。
◆目の周りの小ジワ、目蓋のシミなど目の周りは院長施術の「ドクターズピーリング」のみで行います。

1回料金(お顔)

¥15,000

5回コース料金(お顔)

¥60,000(1回分無料です)

フォトフェイシャルファースト(m22)

年齢とともに気になる毛穴の開き、シミ・そばかす、赤ら顔、肝斑、ニキビ、肌のくすみやハリ、小ジワなどのお悩み・・・。フォトフェイシャルは、これらのお悩みを総合的に改善する美肌治療マシンです。又、これまで、IPLでは難しいとされていた「肝斑」への治療も可能になりました。

顔全体(1回料金)

¥30,000

シミ(1ショット)

¥1,000